<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

クリスマス特別企画番組みてくださーい

クリスマスはとっくに終わって、
もうお正月の準備真っ只中ですよね。。。

1ヶ月ほど前にあるインターネットテレビ会社からの依頼で
ワインコーディネートの番組に関わりました。

いつから配信されたか知らず、今日たまたま見たら番組が始まっていました。
インターネットテレビだから、時間に関係なく見れます。
クリスマス企画なので、もう見るには遅いかもしれませんが、
シャンパンの話など入れています。

http://www.asu-ch.net/request/top/0/0/0/600004/

フード・ワインコーディネートという番組です。。。

ただ、この撮影のとき、現地に行ったらすぐに
「じゃ、リハーサルいきまーす」
といって、いきなりリハーサル、そして本番でした。
出来上がった番組を見ると、
なんとたどたどしく、マゴマゴしゃべってることか。。。。
ぜーーーんぶアドリブですよー。

何を話すかもあまり考えてなかったので
いきなりカメラ向けられたら緊張しましたねーーー。。。

お暇なかたはのぞいてください。
[PR]
by kumikoserenade | 2006-12-30 22:33 | ワイン

お正月ももちろんワイン!でもどのワインにする??

セレナーデソムリエクミコです。

今日が今年の最終営業日、最後の日まで皆様お食事に来てくれてありがとうございました。
来年も宜しくお願いします。

さ、新年にぴったりのワインは?

今年は日本酒の代わりにおせちに合うワインで、新年のテーブルに華を添えましょう。

九州のおせちは特に甘みのあるものが多いので、アルザス地方の白リースリングや
ロゼならロワールのロゼ・ダンジューなどがぴったりです。
フランス産以外から探すならドイツ白ワインの酸の美しさは和食には良く合います。

最近流行ってきた洋風おせちなら、ヴィンテージもののシャンパンで乾杯した後は、
思い切ってボルドーやブルゴーニュの上質な赤を選んでみては?

空になったボトルに2007年の目標を書いたメモを入れて部屋に飾ると、
一年間その味わいを思い出しながら目標も達成できるはずです!

さて、明日はセレナーデ毎年恒例大掃除、その後は忘年会です。。。
[PR]
by kumikoserenade | 2006-12-27 22:02 | ワイン

クリスマスディナー無事終了!

セレナーデのソムリエクミコです。

20日から25日まで、セレナーデのクリスマスディナーが続きました。
今年は22日が金曜日ということで、22・23・24日に予約が集中し、
25日は月曜だったので席に少しだけ余裕がありました。

ピークの23日・24日は満席。
この数日で様々なお客様が来店されました。

印象的だったのは

・プレゼントを持った男性が前もって来店されて、
「デザートの時に一緒に出してほしい」

・9歳のかわいらしい娘さんを連れたお洒落な夫婦。
予約は旦那さんからだったが、予約時に
「妻と娘にそれぞれバラの花束を用意してほしい」

・彼女が誕生日ということもあり、
「デザートプレートにメッセージをいれてほしい」

・思い入れのワインがあるから持ち込みたい。
(おそらく彼女の誕生年のワイン?)

などなど・・・・
クリスマスはやはり男性が女性を喜ばせてあげようという意気込みが強いようです。。。

また、今年の傾向としては、
男性はノンアルコールドリンク、
女性がグラスシャンパン~ワイン
というカップルが多く、理由は男性が運転だから。
でもでもでも、
せっかくのディナーだから、タクシーなどの交通機関を使って、
大切な人とお酒を共にしませんか???
男性が我慢してソフトドリンクを飲んでいるのはちょっと可哀想でしたねー。。。
[PR]
by kumikoserenade | 2006-12-26 18:55 | つぶやき

クリスマスパーティーだらけでちょいとカツ!!

セレナーデのソムリエクミコです。

パーティーシーズン真っ只中で、忙しい日々です。
ランチもディナーもパーティーも折り重なって、
昼も夜も走り回って、食事もろくに出来ない日が続きます。

でもこういう状態が自分の成長につながっていると、信じて、
乗り越えられたときに笑っていられるよう、自分にカツを入れています。。。。

こういうときに飲みたいワインは????

うーーん、セレナーデのハウスワインにしている、
「ソーヴィニヨン・トゥーレーヌ」
c0100830_22265412.jpg

フランス・ロワール地方のソーヴィニヨン・ブランという品種
フルーティであり、酸もきれいな白ワインです。

なんか仕事が終わっても心臓がバクバクしていて、テンションが高いので、
こういったかわいらしいワインを飲んで、心を落ち着け、明日に備えます。。。。

**セレナーデで20年間飾られるツリーの足元のバンビ見えますかー?かわいいでしょう。。
[PR]
by kumikoserenade | 2006-12-16 22:28 | つぶやき

クリスマスケーキ、どれを食べようかな??

ケーキ屋さんが一年で一番忙しい時期、そのピークが来週やってくる。

パティシエたちは、この時期を経験すればするほど成長する。
福岡のある大手お菓子屋にフランス語通訳の仕事に行ったときにご一緒したパティシエさんは
夜中すぎ、明け方になるとクリスマスケーキを立ったまま、寝ながら作れるという。
ま、それほど大変ということだが。。。。

セレナーデのクリスマスケーキ販売ももう20回目。

毎年売れ残りのケーキが我が家のケーキとなるのだが、
今年は食べてみたいのを自分で選ぶことにした。

たぶん3つ買うことになると思うが、まずはノエル・モンブラン。
c0100830_225229.jpg

そしていまだ買ったことがないピアノのケーキ。
c0100830_2253998.jpg

中のガナッシュクリームがフランス産のヴァローナチョコレート使用。
濃厚なチョコ好きな私は試してみたい。
それからフルーツタルトかな。
c0100830_2265371.jpg


もちろん、私は食べる専門だけでなく、ちゃーーんと手伝います。。。。
[PR]
by kumikoserenade | 2006-12-13 22:10 | つぶやき

パリより須藤さんワイン会、状態すべて良し。

セレナーデのソムリエ久美子が好きなイベントの1つが日曜日にあった。

私がパリでワインを勉強して(飲みまくって?)いたときに
しばしば参加していたのが須藤さんのグランクリュクラブ・ワイン会。
それが福岡・セレナーデで開催された。

須藤さんはパリ在20年のワインをこよなく愛するパリジャン。
といってもアラン・ドロン、あるいはジャン・レノのようなイメージを持ってはいけない。
一言でいうなら、オヤジギャグを飛ばす、まつげの長いおめめクルクリのチャーミングなおっさん。で、みーーんな須藤さんのことが大好きなのである。。

ワインに対してのパッションはものすごく、パリだけでなく日本全国主要都市にワイン会を主催してワインの楽しさ面白さを伝えようとオヤジギャグを交えながら日本全国を行脚している。
彼の存在をパリの日本人ワイン界で知らない人はいない。

セレナーデでの須藤さんのワイン会はもう5回目くらいになるだろうか。。。
はっきり覚えてないが、今年は3回目である。

須藤さんのワイン会のすごいところは、須藤さんが自らオークションで落とした素晴しいワイン達を直接送ってくれ、それを日本で飲もうというもの。
だから、他のワイン会との決定的な違いは、その状態の素晴しさである。

ちなみに今回のワインは。。。
Taittinger Millesime 1988
Corton Charlemagne, Chevalier Pere et Fils 1983
Beaune "Montee Rouge" Leroy 1973
Corton "Grancey" L. Latour 1979
Volnay "Champans" Marquis d'Agnerville 1983
Cote-Rotie, Jaboulet-Vercherre 1973
Nuits-St-Georges, Vaucher 1971
Vosne Romanee "Beaumonts" J. Grivot 1985
Chambertin, H. Rebourseau 1985
c0100830_21524288.jpg


そしてそのワイン達にぴったりの料理は
・北海道産真鱈の白子ムニエル
  トリュフヴィネグレット
・玄海産ヒラメのムース キャベツ包み
 キノコのカップチーノ仕立て
・フランス産ハトのポワレ
 ジュ・ド・ピジョンのポルトソース
・フロマージュ(熟成12ヶ月コンテ)
・ガトーショコラ グラス・ヴァニーユ・エピセ

メンバーは須藤さんのワイン会常連さんやワイン大好きな人々で11名が参加。
このワイン会のいいところは、ただすごいワインを飲むのではなく、
その地質や熟成具合の解説があり、そして料理との相性も説明してくれる。
c0100830_2153825.jpg

                        (奥で頭が光っているのが須藤さん)

そしてワイン会が終わると、まだ話し足りないメンバーが2件目へと突入。
ここで私もやっとまともに参加できる。
3件目に行こうという頃にははさすがに須藤さんと私だけになったが
0時過ぎでもうクローズしかけていたヴィニェロンの福島さんは気前よく
お店に入れてくれた。
そしてシャンパンを飲み、話が弾んだ。

こうして、参加者大満足のワイン会は無事に終わった。

次回は6月を予定。
参加したい人はコメントを残してくださいねー。
ちなみに今回は会費25,000円食事つき。
すべてを考えると決して高くないんです。
[PR]
by kumikoserenade | 2006-12-11 11:33 | ワイン

シャンパン!シャンパン!シャンパン!

セレナーデのソムリエクミコです。

シャンパンについてのご質問がありました。
シャンパンはいろいろ飲んできましたが、特最近のおすすめは

大手シャンパンメーカーなら
ルイ・ロデレール
という会社のものです。
一言でいうと、力強いけどエレガント。

その他おすすめは
ラベルに「RM」と書かれたつくり手のもの。
RMとはレコルタン・マニュピュランの略で、小規模に自家栽培・醸造も行っているシャンパンです。
大手と違って、個性豊かなものが多いです。
その中でもジャック・セロスは濃厚!なシャンパンです。
c0100830_12273010.jpg

これは食事がなくても!楽しめるシャンパンですが、
作っている数も少ないので、手に入りにくいのと、値段が高いのが
難点でしょうか。。。

それから、シャンパンってアペリティフ(食前酒)としてもちろん楽しめます。泡が適度に胃に刺激してくれ、食欲を増進させてくれます。
ただ、シャンパンはもちろん食事と一緒に楽しめます。
特にこの時期は牡蠣との相性はGood!です。
牡蠣フライとも合わせたいですね。。。
軽いタイプなら、焼き鳥や寄せ鍋と、
しっかりしたタイプならクリームソース系の料理など。。。。

あー、書き出したらとまらなくなってきました。
でももう1つ、
しっかりしたタイプの赤ワインを飲んで、さらに何かを飲みたいときは、
シャンパンを試してください。
リフレッシュしてこれまたシャンパンの良さを再認識できますよ!
[PR]
by kumikoserenade | 2006-12-09 12:27 | ワイン

クリスマスだから飲んでみたいワインは??

セレナーデのソムリエクミコです。

あっという間に12月、セレナーデもイルミネーションを飾り、クリスマスらしくなってきました。
ホールにはクリスマスツリーとバンビも飾っています。

クリスマスにどんなお酒を飲みますか?

せっかくなので、普段飲まないようなものを是非クリスマスの機会にお試しください。

1)やっぱりシャンパン!
ちなみにシャンパンとはフランスのシャンパーニュ地方でつくられる発泡酒のこと。
ブドウ品種も3種類、AOC原産地呼称統制の規格に則って製造されたものだけが
シャンパンと名乗ることができます。
日本でもかつてシャンパンという名で売られていた飲料水はフランス政府からの
抗議によりシャンメリーと変更されました。
泡の細やかさ、繊細さ、香りと味の深さは他のどのスパークリングと比べてもやはり
シャンパンは特別。普段スパークリングで乾杯している人、最初はビールという人、
クリスマスはシャンパンで乾杯しませんか?
フランスではクリスマスの食事で9割の人々がシャンパンを飲むそうです。

2)デザートワイン
デザートの時はコーヒー紅茶を飲んでる人、ぜひデザートワインを体験してみましょう。
デザートワインとはそれだけで十分デザートとして楽しむことができる甘口ワインです。
白が主流ですが、チョコレート系のデザートに合う甘口赤もあります。デザート自体
甘いのでそれに甘口ワインとなると重たくなりそうですが、組み合わせによって相性は
抜群です。
甘口が嫌いな人はオレンジのリキュール・グランマニエやサトウキビからできるラム酒なども
デザートと共に楽しめるお酒です。

こんなことを書いているとますますワインが飲みたくなってきました。。。
[PR]
by kumikoserenade | 2006-12-05 21:56 | ワイン